ニュース系
VIP系
厳選ピックアップ
見逃せない2chまとめ

【神経科学】認知症の謎に?!脳は学習するたびにDNAをいちいち破壊していると判明 MIT

body_nou_good
1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 07:57:00.24 ID:???.net

認知症の謎に?!脳は学習するたびにDNAをいちいち破壊していると判明、MIT発見 | Medエッジ
http://www.mededge.jp/a/psyc/14821


 人は学習したり、記憶したりするときに、脳の中でDNAを破壊していると分かった。

 うまく直せない場合はダメージが残ってしまうことになる。認知症の謎にもつながるかもしれない。

 米国マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究グループが、有力科学誌のセル誌オンライン版に2015年6月6日に報告した。

遺伝子を活発にしている

 なぜDNAを破壊するプロセスがあるかといえば、重要な遺伝子の働きを活発にできるからだ。学習と記憶に伴って、脳において必要な機能を有効にしていくというものだ。

 人は年を取るに従って、このDNA損傷を修復する能力が弱まってしまい、結果として退化へとつながっているとも見られた。

700の遺伝子で変化

 研究グループは神経細胞を使って、DNAの破壊に伴って変化の起きる遺伝子を検証した。

 DNA破壊につながる化学品で細胞を処理、それで活発になったDNAを反映するRNAを集めた。ここから活発になるDNAを知ることができる。

 結果としてDNAの破壊によって700の遺伝子で変化が起きると分かった。

 大部分は遺伝子の働くレベルが減少していた。

 研究グループが驚いたのは、神経細胞の刺激、例えば、新しい感覚の経験をするとすぐに反応すると知られる12の遺伝子でレベルが増えたところという。

 新しい経験に伴う神経活動と同様な刺激を与えると、遺伝子の働きを高め、DNAの破壊も起こした。

酵素がコントロール

 研究グループはさらにこの仕組みがトポイソメラーゼ2βという酵素で起こることも突き止めた。この酵素がなくなると、DNA破壊で生じる遺伝子の変化が起こりにくくなったからだ。

 研究グループは、学習や記憶をするたびに、なぜここまでの強烈な変化を起こす必要があるか検証していく必要はありそうだ。神経のダメージにもつながり、場合によってはがんにつながる可能性もある。

 未解明の仕組みは尽きない。


引用元: 【神経科学】認知症の謎に?!脳は学習するたびにDNAをいちいち破壊していると判明 MIT




3: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 08:05:49.34 ID:ZqwkIbd3.net

ていうことは、学習量の多い個体はDNA損傷蓄積が多く、少なければ損傷履歴がないってこと?
認知症起こしやすい個体は、適度なストレス刺激の少ない環境で高次脳機能が活用されなかったケースに多いと持っていたから
意外。
俺なんか15歳以降は惰性で生きてきたから、死ぬ瞬間まで脳波明晰なまま終焉の苦しみを味わうことになる。


4: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 08:07:50.57 ID:cWs+GxfC.net

不老不死が不可能だと証明した


5: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 08:18:14.62 ID:a36dfxCP.net

>>4
つまり
何も考えないって事かww


101: ○@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 01:09:13.93 ID:VexkFHAv.net

>>5

 つまり、カーズ様は不老不死になったと。


9: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 08:25:08.58 ID:4gNQJW0Y.net

>>4
超技術で脳細胞修復してけばいいんだよ
まあそれでも物質的にも精神的にも入れ替わって生き続けて果たしてずっと同一の人物と言えるのかというのは微妙かも
たき火の炎が精神でずっと薪を継ぎ足してるような状態


6: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 08:18:38.88 ID:yaMDZGxN.net

生涯学習は理想だが現実は難しいのかもしれんね


8: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 08:23:42.17 ID:DdfOkRl/.net

PROMみたいに破壊することで記憶や学習の固定化をしてるんじゃないの?


10: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 08:25:22.86 ID:Q+Y8irxC.net

DNAに学習結果をメモリーするのとは違うのか?


12: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 08:26:02.14 ID:Zjvs+Yz6.net

修復能力を鍛錬しないことこそ、老化の原因に思えるな


14: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 08:27:09.17 ID:uGXkVXs2.net

あれじゃね?骨もみずから壊して再生してるじゃん
そんなかんじ


18: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 08:57:16.06 ID:dUlykn+0.net

DNAの修復が間に合わないなら修復が済むまで待てばいい
認知症の治療をするなら何もせず寝続ければいいということになる。
そんなばかな。無刺激で症状が進むだけだろ


47: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 12:45:57.44 ID:IWhMMxQG.net

>>18
睡眠が認知症の発症を遅らせるって説は前に読んだ


20: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 09:00:42.87 ID:tG8Th8hZ.net

脳味噌ってフラッシュメモリみたいに書き換え回数の上限が有る?


26: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 09:58:44.23 ID:u3P+Y9tu.net

知恵の粉だな
頭の中には一定量の知恵の粉があって多少の違いはあってもみんな
ほとんど量は同じ
知恵の粉を早く使った奴は歳をとって呆けるし
知恵の粉を使わなかった奴は呆けない
自分は認知症にならない自信がある


27: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 10:11:21.05 ID:7NeOHIiu.net

記憶・学習は生きるために必要なストレス
ストレスを減らすことで長生きしてきた人類の次に進むべき道が分かった
walle参考


30: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 10:28:42.99 ID:NVmxU/ah.net

いわゆる学校の先生だった人に認知症が多いという話は聞いたことがある
だが研究者に認知症が多いというのは聞いたことがない
学校教師の場合、生徒や親や教育委員会やら色々板挟みでストレス過多で
ステロイド出まくりなせいじゃないか


31: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 10:29:16.48 ID:pNpgH89k.net

認知とは認め知ること。だから認めることも知ることも
できない者はボケる。


32: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 10:37:06.41 ID:qbJWJcSo.net

学習というのは勉強や研究みたいなものだけじゃなく
経験が無い事象や、自分がもともともってる能力では対処しきれない事象に直面したときに起こる脳の働き全般のことだろ
だから効率的に脳みそ使えたり、対処能力にあった人生おくってる人は様々な経験しても学習量的にはそれほど多くなく
逆に効率悪い人や有効な対処能力を持たない人は同じ経験しても結果的に学習量は増えてしまうんじゃないだろうか


34: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 10:52:32.49 ID:BwFyqBzj.net

>>32
同感
楽しく無い学習、創造性が発動してない状態ってのは神経回路形成に不連続性が高い状態
すなわちニューロン達が混迷していて後に有用になる物も現段階では邪魔とする作用が増えてるんじゃないかな?
遠くの場所にあるニューロン同士に存在意義が生じる脳みそほど発達し続けて長持ち
すなわち万能性を自律的に目指すように脳みそは出来てる


35: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 11:08:04.64 ID:H66I8Rjs.net

仙人は伊達では無かったって事だな。 


36: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 11:21:20.31 ID:776jnD6L.net

学習という外界からの刺激でDNAが破壊される、もしもそれこそが学習そのものだったら、
あとはDNAをパタン通りに破壊(そして自力で修復)するだけで、学習ができる。
学習という刺激が無くても、DNAを同等に破壊するだけで、同じ結果を得ることができる。


37: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 11:29:19.20 ID:9m4qM7MM.net

修復をアシストするような薬の開発を


42: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 12:28:27.52 ID:H66I8Rjs.net

空海のように虚無の中で何かを会得せんとな。
心眼が大事。


43: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 12:28:55.35 ID:+B99OfZ3.net

生物の進化に関係してないか


51: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 13:54:34.51 ID:5GOx+PDP.net

学習は勉強だけじゃないぞ
遊んでたって脳は使う
旅行好きなら地理も強くなって各地の映像記憶や経験も膨大なってるはず
新し仕事もそうだな     そんな俺は出不精です


53: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 13:56:58.02 ID:5GOx+PDP.net

俺のばーちゃんがよく言ってたな、頭いい奴はボケるのが早いって


63: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 15:30:58.77 ID:BpsUXL5C.net

破壊というより書き換えだろ


75: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 19:30:26.36 ID:ZHZHnXGU.net

面白い
学習や経験自体が認知症につながり得るというなら
よりDNAにダメージの少ない学習方法とかが
将来の児童・成人教育の主眼になるかもね


81: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 19:51:54.17 ID:j9qzCdvJ.net

じゃあ、ボケ防止に頭を使うとか趣味を見つけるとかはだめだったってこと?
でも、引き篭もってる年寄りは間違いなくボケやすいよな?


83: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 19:54:58.88 ID:ZHZHnXGU.net

>>81
引きこもりは脳を使わず趣味は脳を使っているという前提が違うと思う
どちらも脳活動自体は行っている
趣味の方が脳に良い活動という可能性があるんじゃないかな


88: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 20:22:31.73 ID:mqUv1+uK.net

おまいらこれに感化されて勉強しないとか勘違いするなよ。
妄想とかゲーム、運動とかも非常に使ってる。
それこそ無心になって出家しないと意味ないだろ。


91: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 20:52:18.20 ID:lG/9V2uX.net

>>1の記事読んでも
さっぱりわからんわ
別ソースが欲しいな


92: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 21:17:17.32 ID:ZHZHnXGU.net



104: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 08:31:43.42 ID:Gq65z2rF.net

>>92
「DNAの破壊」ってのは誤訳で、トポイソメラーゼが遺伝子発現の制御にかかわってる例が見つかった、ってだけの話かな

>うまく直せない場合はダメージが残ってしまうことになる。認知症の謎にもつながるかもしれない。

は完全な与太で、そもそもトポイソメラーゼがうまくはたらかなかったら、被害はこんなんじゃ済まんっての


96: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 23:05:32.82 ID:IaJRjf7K.net

俺は大丈夫ってことか



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

本日注目の話題!

コメント一覧

※ 1. 私は名無しさん  2015年06月23日 17:17 ID:sc0vPXhy0 ※このコメントに返信する※
(e/d)

元教員の異常な認知症率は関係あるのかな


※ 2. 私は名無しさん  2015年06月23日 18:12 ID:aTeRmbDV0 ※このコメントに返信する※
(e/d)

馬鹿は風邪どころか認知症にすらならないってことか


※ 3. どぶろくK  2015年06月23日 19:16 ID:Ls85Phuq0 ※このコメントに返信する※
(e/d)

知的障害の人が特に長生きでは無いと言うことは
彼らは普段、他のことに脳を使ってるのだろうか

人は目ざめている間、思考を停止することは出来ない生き物だと思うが

人や脳を限りなく生かせておいて最後に残るDNAはどんな情報なんだろうか


※ 4. 私は名無しさん  2015年06月23日 20:48 ID:WuyY36Ts0 ※このコメントに返信する※
(e/d)

脳に幹細胞をいれてアルツハイマーが直るとか言ってたから
認知症にも使えるんじゃね?日本だと認可されるのに時間が掛かりそうだが

※3
知的障害がある人は不摂生な生活が多いとかあるんじゃない?


※ 5. あ  2015年06月24日 13:01 ID:85MostjJO ※このコメントに返信する※
(e/d)

後天性免疫細胞超突然変異でノーベル賞の利根川進がこの研究に関係しているとか知らない※欄が有ると聴いて…


※ 6. 私は名無しさん  2015年06月24日 21:41 ID:2ZJvCnkp0 ※このコメントに返信する※
(e/d)

トポイソメラーゼって遺伝子の超螺旋をほどく酵素かなんかじゃなかったか?
遺伝子の発現が活発化する時に量が増えるのあたりまえなんじゃないの?
それともそういうことじゃなくて別の話なの?


コメント投稿

名前

     絵文字

いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
アダルトとURLはNGワードにしています。(リンク先の安全確認が出来ないためです)
コメントができない場合は、一時的な不具合の場合があります。

芸能・ニュース
VIP・その他
厳選ピックアップ
見逃せない2chまとめ

前の記事次の記事